無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年2月18日 (土)

杖傘






つえ屋オリジナルの杖がさです。

普段は杖として使っていただき、
雨な日は傘にもなります。

大人気の杖がさシリーズが
12色展開で新入荷いたしました。

是非ともお好きな一本をお選びください。

2017年2月16日 (木)

杖たて






杖たて ¥1,000

ふとした時に、杖をサッと机などに
ひっかけることができます。

バネが内蔵してあるため、
普段は全く邪魔になりません。

2017年2月14日 (火)

つえ屋 催事情報

来週開催いたします催事をご紹介します。

高知大丸(2/15水~2/20月)
京急百貨店(2/16木~2/22水)

お近くの方は是非足をお運びください。

2008年3月 8日 (土)

杖ステッキのつえ屋 京都本店

ニュースより抜粋。米労働省が発表した2月の雇用統計は、2カ月連続で米景気を下支えしてきた雇用の悪化を改めて裏付けた。サブプライム問題の影響が住宅や金融部門から経済全体に波及。所得減や失業の増加が個人消費にも悪影響を及ぼす可能性がある。

 また、金融市場では信用縮小懸念が強まり、連邦準備制度理事会(FRB)が資金供給を拡大する方針を緊急発表。FRBは流動性確保に向けて対策を講じてきたが、信用不安は解消されず、焦りの色が濃くなっている。

 就業者数の減少は新たな失業を生み、住宅ローンの焦げ付きが増える恐れがある。景気減速が雇用を悪化させ、雇用悪化が信用不安を長期化させるという負の連鎖に入りつつあるとの指摘もあり、米景気は後退局面入りへの正念場を迎えた。

 既に昨年10~12月期の米国内総生産(GDP)の実質成長率は前期比0.6%と低迷している。今年に入って雇用や消費、設備投資などほとんどの経済指標が急激に悪化しており、多くの市場関係者が「08年1~3月期はマイナス成長になる」(米エコノミスト)と予測。米国の基準では2四半期連続でマイナス成長になれば景気後退に入ったと認定される。2月下旬以降、FRB高官からは悲観的な発言が相次ぎ、米政府とFRBが大胆に進めている「減税」「利下げ」という景気対策の正攻法には、手詰まり感すら漂っている。

以上 来週東京市場確実に円高になります。したがってつえ屋円高還元セール開催いたします。NHKおはよう日本3月14日17日テレビに放映されます。